インプラント 帯広市 杉村歯科

帯広市 治療の流れ
医院の特徴
帯広市 診療科目
インプラント歯科
歯周内科治療
口臭治療
小児矯正
審美歯科
予防歯科
くちびるストレッチ
レーザー治療

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、失った所にチタン性の人工の歯根を顎の骨に埋め込み、しっかりと顎の骨の中で固定された後、その上に人工の歯を製作して噛み合わせを回復する治療法です。

失ってしまったご自分の歯をもう一度取り戻し、以前のようにしっかりと「噛める喜び」を感じたいという願いをかなえるこのインプラント治療法はきっとあなたを満足させることでしょう。

インプラント治療はよく入れ歯と比較されますが、入れ歯ですと歯の無いところの歯ぐきの上に入れ歯のプラスチック部分が乗り、入れ歯の固定は残っている歯に掛ける留め金だけなのでどうしてもガタついてしまったり、また長く使っている間に合わなくなってガタついてくる場合があります。

これらのガタつきによって痛みが生じ、しっかり噛めなかったり、顎の骨の退縮や吸収するなどの変化も生じてきます。そして発音にも影響がでます。

インプラントはしっかりと固定されるので自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、入れ歯での欠点を改善してくれます。このように歯を失ってお悩みの方にこのインプラント治療は第3の歯として注目を浴びています。

私がインプラント治療を提案する理由

歯を失った所への機能回復処置は一般的には「部分入れ歯」か「ブリッジ」で歯を作ることをします。虫歯や歯周病や歯根破折で歯を失った患者さんに私も「部分入れ歯」か「ブリッジ」を勧めていました。

しかし、「部分入れ歯」も「ブリッジ」も結局は支えの歯に負担をかけてしまし、抜歯になることが大いにあります

機能回復をしたにもかかわらず、逆に歯の喪失を起こさせるという皮肉な結果にもなるということです。これはどういうことかと申しますと、「部分入れ歯」と「ブリッジ」で分けて考えてみましょう。

「部分入れ歯」:入れ歯を固定するために残っている歯に金属のバネを掛けますから、その歯には常に揺さぶられる力がかかります。

この揺さぶりが歯のグラグラを起こさせ抜歯にもつながります。また金属のバネの掛かった歯は常に不潔な環境になりやすいので虫歯にもなりやすいのです。それにより抜歯になったり、再治療になったりと、ますます歯に対するダメージを加えることになります。

患者さんもよく分かっていらっしゃる方は、「入れ歯を入れるとどんどん奥歯からダメになるんだよね、バネの掛かった歯がまた悪くなるんだよね」とよく言われます。

患者さんのおっしゃっていることはもっともなことで私もいつも考えていたことです。機能回復処置をしたことが、悪循環を引き起こしているとしたら残念です。

歯を何本か
失ってしまった状態
両隣の歯を削って支えにしてブリッジをかけた状態

「ブリッジ」:支えるための歯の全体を削ることになります。

場合によっては、健康な歯の神経を取ることもあります。これは歯に大きなダメージを与えます。歯がもろくなります。

健康な歯を削ることにより、虫歯になりやすくなったり、神経を取るようなことにもなります

神経を取った歯が何年後かに悪くなり再治療になったりすると、またまた歯を削ることになるので歯の状態が以前よりも悪くなり、歯の持ちが悪くなってしまいます

そして歯根が破折したりして抜歯を余儀なくされることもあります。

これらも機能回復のためにと歯に手を加えたことが結局、歯の寿命を短くしているのではないかと思われることが残念です。

そして患者さんは、「歯を削るのは嫌だけど、歯を新たにつなげるには今の差し歯を壊して取るのは嫌だけど、入れ歯よりはいいや!入れ歯は違和感がありそうだし、出し入れや洗浄がめんどくさそう!奥歯なら見えないから銀歯でも仕方がない」とおっしゃって「ブリッジ」を選択する方が多いです。

決してブリッジ選択に際して満足しているわけではなさそうです。

 では、残った歯に負担をかけずに失った歯の機能を回復させるにはインプラントがお勧めの治療方法と考えています。

そしてご自分の歯を大切に残しながら快適な生活を送りたいと思われる方は、インプラントはよい選択肢だと思います。

インプラントを選択することで、あなたの大切な健康な歯を削らなくてすみますので、私たちが目指す予防歯科にとっても必要な治療方法だと考えています。

しかし、すべての方にインプラントが適しているわけではありません。

全身状態、お口の衛生状態、お手入れの程度、残っている顎の骨の状態、定期健診にいらっしゃれるかどうかなどさまざまな条件により適応、不適応となります。

  1. 歯を削りたくない方
  2. 現在の入れ歯に不満を感じている方
  3. 噛む喜びを感じたいと思っている方

にとってはインプラントはお勧めです。

  1. 現在お使いの入れ歯で不満や支障を感じてない方
  2. 顎の骨が著しく減っている方
  3. ご自身でお口のお手入れをしっかりとできない方
  4. 定期健診に通えない方
  5. 歯科医院からの指導、指示を受け入れられない方

にとってはインプラントは不向きと思われます。

あなたにとってどんな治療法がよいのか、一緒に考えていきましょう。
ご不明なこと、ご心配なこと、なんでもご相談下さい。

無料メール相談

お名前: ※必須
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
電話番号:
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない
診療時間

平日> 9:00〜19:00
土曜> 8:30〜12:00

休診日> 日・祝日
TEL:0155−56−6020

アクセス
帯広市 院長紹介
わくわくデンティスト杉村 好久をご紹介します。
無料メール相談
帯広市 患者様の声
歯科衛生士求人
歯科受付・助手求人